ニュース・トピックス
弊社からのお知らせやEC関連情報を随時更新致します。

ホームニュースECサイトの常時SSL化について

ECサイトの常時SSL化について2019/01/15

常時SSLって何?

運営されているECサイト、ホームページのアドレスバーの箇所を見てみて下さい。 http://~ではなく、https://~となっていることがSSLに対応しているサイトです。 ひと昔前まではカートページやログインページ、お問合わせフォームなど個人情報を 入力して送信するようなページだけSSL化されておりました。

しかし最近では文字とおり「常時」SSL対応して方がよいという流れになっており、 全てのページがSSLに対応しているhttps://~の状態にする必要があるということです。

SEOに関係するの?

専門の調査結果から「関係する」という結果が出ています。

購入率や売上にも関係するの?

前述のSEO的に関係しますので全体のアクセス数に影響してきますので、 それがそのまま売上にも影響してくるかと思います。

またここが一番重要な点なのですがGoolgeが提供するブラウザであるChromeでは、 SSLに対応していないページを表示した時に「保護されていない通信」という 注意文言が表示されます。

したがって一般的にネットショッピングのお客様は、危険に感じページ離脱してしまう。 結果売上に関係するという考え方になってきています。

ではどうすればいいの?

楽天やYahooなどモール店舗に関しては各モール側が対応している為問題ありません。 自社サイトをメイクショップやカラーミー、ショップサーブで運営をしている場合は、 各カート会社で常時SSLを適用する/しないのオプションがありますので、 それを利用されれば自動的に常時SSL化に対応できます。

問題な点は、利用者数の少ないマイナーなショッピングカートを利用している場合や、 オリジナルでシステム開発してECサイトを構築・運営されているショップさんです。 常時SSLはサーバ側で対応しなければならない為、前述のようにオプションとして常時SSL に申し込めばすぐに対応できるというものではありません。 詳しくは構築された会社さんや担当者さんにお聞き頂くと良いかと思います。

また利用者数の多いメイクショップやカラーミーショップに引っ越しをするということが 一番簡単に常時SSLに対応できる策です。ご参考になりましたら幸いです。

ECサイト構築やリニューアル
お気軽に無料相談からお見積り依頼