メイクショップ(MakeShop)のECサイト構築
ショップ作成での決済・配送方法の設定から独自デザインでのサイト制作まで解説

ホームメイクショップ(MakeShop)のECサイト構築開店状態の設定メニューで開店・閉店切り替え

開店状態の設定メニューで開店・閉店切り替え

ECサイトを開店するまでの準備期間中や、リニューアル作業をする際のお店の公開・非公開の設定など切り替える時があるかと思います。このページではメイクショップの管理画面の中でできるお店の公開・非公開や商品ページ単体の見せる・見せないの設定、そしてお店は公開の状態で在庫数を0にする方法などご紹介させて頂きます。

開店・閉店状態の設定

お店全体を閉店にする方法は、管理画面にてショップ作成>ショップ情報の設定>開店状態の設定へお進み頂きます。すると下図のように開店と閉店をラジオボタンで選択できるようになっております。

閉店状態の画面をテンプレート選択できたり、閉店状態画面に掲載するコメントも編集できたりしますので、開店準備中なのか、リニューアル改装中なのか、オープンの目途など記載できます。

特定の商品を非公開にする

リニューアル作業中などに販売できる商品と、できない商品などあり、個々の商品毎に公開・非公開を設定したい場合は、商品管理>商品の設定>商品の検索/修正へお進み頂き非公開にしたい商品を検索し、【修正】ボタンを押して商品情報修正ページに移行します。
すると上図赤枠のように商品表示可否という欄がありますので、ここで見せないを選択することでその商品だけ非公開にすることが可能です。販売商品点数が少なく、LP風に縦長の商品ページにされていて、商品ページ単位でリニューアルをかけるタイプのショップさんに向いている設定方法です。

CSVで在庫を一括で0にする

SEO的には閉店状態にすると不利になることから開店状態で、かつ商品ページも公開したまま作業をされたいショップさんは、シンプルに在庫をすべて0にしてもよいかと思います。
管理画面にて、商品管理>CSV一括登録>商品一括登録へお進み頂きますと上図のCSVダウンロード画面が表示されます。【商品データをダウンロード】というボタンを押して、登録全商品をダウンロードします。そして、そのCSVを開き数量という項目がありますので、そこを0にした上で上書き保存し、この編集ページから上書きUPすることで在庫数を一括で0にすることができます。全商品が在庫切れ状態になりますので、商品購入されることもなく作業ができます。

CSVが苦手な方は在庫管理から一括編集

CSVの編集が苦手なショップさんは、管理画面の商品管理>商品の設定>在庫管理にて一括編集もできます。下図がその編集ページですがカテゴリ単位で商品検索をし、下図赤枠のように在庫数を入力する欄がありますので、ここの数字を0にして【変更する】ボタンを押すことで一括で在庫数を0にすることができます。

関連記事一覧

ECサイト構築やリニューアル
お気軽に無料相談からお見積り依頼