メイクショップ(MakeShop)のECサイト構築
ショップ作成での決済・配送方法の設定から独自デザインでのサイト制作まで解説

ホームメイクショップ(MakeShop)のECサイト構築複数商品画像管理で商品画像登録

複数商品画像管理で商品画像登録

商品ページには沢山の商品画像が掲載されています。楽天でもヤフーでも1商品あたり20枚程度まで商品画像を登録できる仕組みになっております。楽天の商品画像管理に関しては、商品画像とR-Cabinet、楽天GOLDの使い方にて解説させて頂いております。ヤフーは、画像管理と商品画像名の規則性にて解説しておりますので合わせてご参照下さい。このページではメイクショップで商品画像画像を登録する方法に関してご説明させて頂きます。

まずは管理画面からシンプルに登録する方法

管理画面にて、商品管理>商品の設定>商品の検索/修正へお進み頂きます。商品情報登録画面の中ほどに下図の商品画像という箇所があります。ここで【ファイルを選択】ボタンを押して商品画像を登録することができるようになっております。
【この画像をもとに各種サムネイルを作成する】というチェック欄がありますが、これはここで登録した画像をカテゴリページや検索結果ページの差ムウネイルとしても使用するかどうかというチェック欄で、基本はここにチェックを入れて画像を登録することが多いです。つまり商品画像の1枚目メイン画像となる画像のことで、カテゴリページのサムネイルにもこの1枚目の画像が表示されるということです。これは楽天、ヤフーも同様で、多くのショッピングカートでも基本同じ仕様だと思います。

2枚目以降のサブ画像を登録する

前述の方法で商品登録する際には、1枚目メイン画像の登録を行いますが、メイクショップでは2枚目以降のサブ画像を登録する際は別のメニューにて登録する仕様になっております。管理画面にて、商品管理>商品の設定>複数商品画像登録へお進み頂きますと下図の登録画面が表示されます。サブ画像を登録したい商品を検索から表示させて、【ファイルを追加】ボタンからサブ画像を登録していきます。

注意する点はサブ画像の登録画面ですが、サブ画像の1枚目に登録する画像は1枚目のメイン画像と同じにした方が良いという点です。前述の商品登録にて1枚目のメイン画像を登録していても、この複数商品画像登録で登録する1枚目の画像は、商品登録時のメイン画像と同じにするということです。このように登録しますと、実際に商品ページを見た時に、大きく1枚目のメイン画像が表示されて、その下にサムネイルで複数商品画像登録で登録した1枚目~20枚目までの画像が表示されて、カーソルが当たると画像が切り替わる仕様になるという仕組みです。

一括で登録することもできる

複数商品画像登録はCSVで一括登録することもできます。管理画面にて、商品管理>CSV一括登録>複数商品画像一括登録/修正へお進み頂きますと下図のCSVダウンロードと登録画面が表示されます。先ほどの方法で何か1商品だけ複数画像を登録してみた状態で、このCSVをダウンロードし、同じ規則性で他の商品画像も入力すると理解しやすいかと思います。
とても便利な点は、この一括CSV登録で登録する画像は外部サーバにUPされている画像の絶対パスでも良いという点です。つまり楽天にアップされてる画像のURLを入力すると、メイクショップのシステムがそれを読み込んで登録してくれるということです。楽天と並行運用しているショップさんも多いと思いますので、楽天でダウンロードした商品CSVを編集してメイクショップの複数商品画像登録用に調整の上アップすることで簡単に登録ができます。

関連記事一覧

ECサイト構築やリニューアル
お気軽に無料相談からお見積り依頼